空気が読めない人との会話 - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

宮本 ゆかり
マイウェイネットワーク 
ビジネススキル講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

空気が読めない人との会話

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル
夢を実現する力 私が“成幸”するまでに掴んだ教訓
うちの小学生の娘が、仲のいいお友達と「学校が終ってからうちで遊びたい」と言いました。

私は「いいよ」と二つ返事でOK。

でも、学校が終ってからうちに来ても、アッというまに帰宅時間になってしまって長くは遊べません。



そこで、いつもその友達の送迎をしているその子のお父さんに提案しました。



私 「今日、子ども達がいっしょに遊びたいって言ってるんですが・・・」

父 「あっ、そうですか。じゃー5時に迎えに行きます」

私 「あのー、遊ぶ時間があんまりないから、今日はうちで夕飯を食べさせましょうか?」

父 「いえ、けっこうです。うちにご飯はたくさんありますから」

私 「・・・・」   〔そういう問題じゃないんだけどな (!-_-!)〕


この会話を通じて、「空気が読めない」イコール「本質がつかめない」でもあるなと思いました。

更に、「本質がつかめない」とは、相手が望んでいることがわからない、誰を中心に物事を考えているか(今の場合、中心は「子ども達の喜び」)がわからない、ということです。

コミュニケーションをとる時は、常に相手の意図・善意を感じとれるようになりたいものです。