床暖房と浴槽の設置 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

各務 謙司
カガミ建築計画 建築家
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

床暖房と浴槽の設置

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
マンションリフォーム 千代田区のマンションリフォーム
千代田区の''高級マンションリフォーム''工事も
半ばを過ぎて床暖房と''浴槽''の設置が終わりました。

電気式床暖房


マンションリフォームの床暖房は、
熱源をガスか電気にするかの判断は、
どちらの容量に余裕があるかと、
熱源(給湯器)を置く場所があるかで判断します。

今回は元々が電気式給湯器で、
ガス給湯器を設置する箇所がないので、
自然と電気式に決まりました。

電気式でもパネル式と''フィルム式''がありますが、
断熱や''施工精度''を考えてパネル式を採用しました。

左側の写真は、ウォークイン・クローゼットと洗面の様子です。
中央に作業用の机がありますが、
実際にもその箇所に引出しが来るので、
その周りを回遊するように''床暖房パネル''が敷かれています。

浴槽の設置


同時に浴槽の設置も行われました。

今の浴室の防水層を活かし、
既存タイルの上に仕上げタイルを
張る仕上げで考えています。

通常はタイルを張ってから浴槽を設置するのですが、
今回はドア枠を作ってからでは、寸法的に浴槽の搬入が出来ないので、
このタイミングで浴槽を先行して設置して貰いました。

脚を調整しながら、慎重に水平レベルを出して、
最後は人が乗り込んで、揺らして安定性を確認します。

結構激しく揺らすので、見ているこちらが不安になってしまいました。


カガミデザインリフォーム

東京都港区白金台3-12-2-303
Tel/Fax:03-5789-4146
info@kagami-archi.com