“センス”が大事 - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

宮本 ゆかり
マイウェイネットワーク 
ビジネススキル講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

“センス”が大事

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル
夢を実現する力 私が“成幸”するまでに掴んだ教訓
娘のピアノのレッスンが終わった後、先生と「センス〔資質〕」についての談義に花が咲きました。

ズバリ「うちの子は音楽のセンスがありますか?あるなら、音楽専門の学校に進む道も考えたいんですが・・・」

ということで。

だからといって、先生、「お宅のお子さんは音楽のセンスはありません」なんて答えられるわけがないので、聞いても意味のない質問だったんですが・・・。(笑)

私も昔、音楽をやっていたので確信をもっていることなんですが、

音楽では、一流を極めるために努力も当然必要だけど、ある段階を越えると、資質があるか?ってことのほうがもっと大きなウェイトを占めてくると思うのです。

この分野のセンスがない人は、どんなに努力を重ねても、卓越すること、抜きん出て、プロとして活躍することは難しい。

これはスポーツ選手も同じだと思います。

以前、王監督がおっしゃってました。

「3割打者なら練習で育てられるが、ホームランバッターは素質がないと無理」。

プロの中でも更に、このように格差がつくんですね。

これは、どんな分野の専門でもいえることだと思います。

例えば、うちの会社のようにソフトウェアの開発者の場合。

技術的センス、数学的センスがないと、質の高いソフトは開発できません。

マッサージ師さんだってそう。

ツボを押さえられるかどうかは、知識ではなくて感覚的な作業なので、“ツボ感性”が高いことが大事です。


とにかく、自分のセンスに合った職業に就けたら、これは幸せですね。