間違い電話をかけてしまったら・・・ - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

間違い電話をかけてしまったら・・・

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
コミュニケーションを考える
仕事がら、大勢の方から、電話をいただきます。
多くは、相談したいのですが・・というものです。

しかし、講義をしている時間や、会議に参加している時間は、もちろん、お受けできません。

だから、着信履歴を見て、時間ができた時に、折り返すようにしているのですが・・・

昨夜から今朝にかけて受けた「間違い電話」には、閉口しました。

ことの発端は、土曜日の20時を少し過ぎたころ、1本の電話がかかりました。
不思議なことに、2回ほどの短い呼び出しの後、すぐに切れてしまいました。

わたしは、ちょっと心配な人に、もし何かあったら、ぜひ電話してくださいね!とメールを入れたばかりだったので、もしかしたら、その人からの着信だったかも知れないと思い、すぐに折り返しました。

しかし、留守番メッセージが流れてしまい、何度かけてもつながりません。

ますます、心配にはなるものの、自宅の電話番号は知らないし、知っていたとしても、自宅にかけるのは憚られる内容だったので、心を残しつつも、翌日に回すことにしました。

そして、今朝。
9時を回ったので、日曜日でも、そろそろお目ざめかなぁ?っと思い、着信履歴を使って再度連絡。しかし、今回も呼び出しもせず、留守番メッセージになってしまいました。
こうなると、仕方がないので、あきらめかけたら、先方から電話がありました。

「9時過ぎに着信があったけど、おたくどなたさん?」と、会話はスタート。
「いえ、昨夜いただいた電話番号から、折り返しておりますが?」と申し上げても、先方は、「わたしはかけてない」と、紋切調で繰り返すだけ。
挙句に、「お宅どちらにお住まいなの?」と、本題とは何の関係もない質問が浴びせられました。

ようやく、相手が誰かがわかったのは、相手がシェアした住所地からで、それは、残念ですが、交流を閉ざしている親戚からのものと判明。
わかるとなると、かけ間違ったお詫びもなく「がちゃん!!」と、電話を切られました。

身内から学ぶ、失礼な事例だったので、ここでのテーマにしましたが、
間違えた意識がなくても、携帯電話は、ちょっとしたはずみで、ボタン操作が可能になることがあります。
かけた覚えがなくても、厳然と、相手の携帯には着信の履歴が残っているのです。

一言、「失礼しました」と言って電話を切るのが、大人の常識というもの。

このコラムを読まれる皆さんも、うっかり発信してしまう可能性は秘めています。
どうぞ、お気を付けくださいね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「コミュニケーションを考える」のコラム

自己主張とは・・・(2014/06/25 13:06)