薬事法逮捕 事例 - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

エーエムジェー株式会社 代表取締役
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

島田 千草
島田 千草
(ブランドコンサルタント)
赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

薬事法逮捕 事例

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
制作・クリエイティブ 薬事法・景品表示法に関する広告表現
インターネット上で「アトピーに効く」などとうたい、エタノールなどを混ぜたシャンプーを販売したとして、警視庁は2010年2月24日、販売者を薬事法違反(無承認医薬品の無許可販売)の疑いで逮捕しました。


こちらの商品は、恐らく、医薬品・医薬部外品・化粧品のいずれの登録もしていなかったと想定されます。つまり、「雑貨」であります。

雑貨である以上、人体への影響を及ぼす効能効果を表現することは薬事法違反となります。そして、「アトピーへの効能効果」は、医薬品のカテゴリとなり、化粧品でも医薬部外品でも表現することは禁止されています。


現在、取り扱っている商品のカテゴリが「雑貨」にも関わらず、人体に対する表現をしていた場合は、危険な表現であると理解しましょう。


詳しい解説は、メールマガジンやセミナーにて解説致します。


広告の作り方メールマガジン
メールマガジン登録

エーエムジェー株式会社


【最新 セミナー情報】


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨年、累計で500名以上の方が参加し、ご好評を頂いた
「薬事法・景品表示法セミナー」、
最新版の内容にアップグレードして開催致します。

2010年度版 最新版
「薬事法・景品表示法」セミナー

=================================
●年々強まる「薬事法」規制 乗り切るためには
●消費者庁に移管されたことにより、注目度と影響力が高まる「景品表示法」
●エコナにて注目を集める特定保健用食品「健康増進法」とは
●法律規制の流れに上手く乗る方法とは
●より消費者に響くための広告制作のポイントとは
=================================

最新版の具体事例を基に、今後の方向性や対処法。
広告の表現開発法に至るまで、詳しく解説していきます。


【日程】:2010年3月12日
     10:00〜17:00
【場所】:都内 セミナールーム *王子駅 北とぴあ
【参加費】42,000円(税込)

「参加希望」の方は、以下、問い合わせフォームよりご連絡ください。

後日、担当者よりご連絡させて頂きます。

最新版(2010年度版) 薬事法・景品表示法セミナー 詳細

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(クリエイティブディレクター)
エーエムジェー株式会社 代表取締役

通販広告・店販広告を全面的にサポート

TV・ラジオにて累計2000回以上の通販番組を担当。通販において豊富な知識と実績を有する。通販や店販に欠かせない「薬事法」や「景品表示法」に深く精通しており、法律を守りながら広告として成立つ「シズル感のある広告表現」を得意としている。

カテゴリ 「制作・クリエイティブ」のコラム