運用力が期待出来ない年金に意味はあるのか? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

運用力が期待出来ない年金に意味はあるのか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
登山鉄道。

おはようございます、箱根登山鉄道にも乗ってきました。


昨日からの続き、個人年金をあまりおススメしていない理由。

そもそも個人年金というものは


・保険会社が個人に代わって運用をする


という商品です。
ここで期待されているのは個人では達成することが出来ない
ような利回りを確保してもらうことにあります。
大きなお金を使えば小さなお金ではできない運用が
可能になるからです。


ところが、現在のような金融恐慌時においては、
如何に大きなお金が集まっていても期待されている
ような利回りと達成することが出来ません。

正直、現状では保険会社の運用力というのはそれほど
高くはない、という状態だと思います。


となると、保障性が高いわけでもなく、運用力が大して期待出来ず、
拘束力が強い個人年金にはあまり魅力がないのではないかと。



もちろん、それでも個人で貯蓄をしているだけよりは
多少は高い運用利率が出ているかとは思います。
ただ、その利回りと拘束性のバランスを考えると、
少なくとも現在は個人年金に入るべき時期ではないような
気がしています。


この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)