先導モデルの家 構造用面材で熱橋を減らす - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

鈴木 克彦
株式会社マクス 代表取締役
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

先導モデルの家 構造用面材で熱橋を減らす

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
長期優良住宅先導モデルの家 富士市 先導モデルの家
富士市の長期優良住宅先導モデルの家です。

国から200万円の補助金が貰える【長期優良住宅先導モデル】、新基準である長期優良住宅をさらに先導して行くようなモデル、というわけですが、どこがどう先導的なのか、その一部分をご紹介いたします。

外壁側の耐力壁には、筋交いを設けず、耐力面材のモイスTMを使っています。


木材は、鉄やコンクリートに比べれば確かに断熱性が高いのですが、断熱材に比べれば、どんな安価な断熱材よりも断熱性が劣るのも事実です。

そこで、木製の筋交いが、熱を伝えやすくなってしまう(熱橋になる)野を防ぐため、外壁側は筋交いを使わずに耐力面材にしています。


耐力面材も、合板ではなく、無機質のモイスにすることで、耐久性を上げ、毒性の高いシロアリの消毒をせずにすむようにしています。


筋交いがないことで、断熱材も施工も隙間無く行えるという利点があります。


写真が二枚しか掲載できないため、続きは私のブログのこちらのページでどうぞ。

ブログでは毎日現場風景をアップしておりますので、
【富士市】長期優良住宅先導モデルの家の現場風景も是非ご覧下さい。

鈴木克彦 『頑張れ四代目日記』 より


次世代パッシブソーラー【そよ風】システム
施工:株式会社マクス