2010年の国内IT市場規模 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

2010年の国内IT市場規模

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日はIT市場についてのお話です。

IDC Japanは、2010年の国内IT市場規模が前年比0.1%減の11兆7217億円になるとの予測を発表しました。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100209/344364/

ポイント
・2010年はアウトソーシング需要が拡大する
・パッケージソフトウェア市場の回復は遅れる
・ハードウェア市場は継続的に縮小する

国内IT市場の回復は2011年以降になるようです。
ユーザー企業としては、景気の先行きが不透明な状況でのIT投資には消極的になってしまうのでしょう。

ITソリューションを提供するITベンダーとしては、厳しい経営環境が続くことが予想されます。
ますます激化する競争を勝ち抜くための具体的な取り組みが求められます。

そこでポイントになってくるのが、顧客とのコミュニケーションというサービスビジネスの基本となることです。

顧客とのコミュニケーションを増やし、顧客の課題やニーズをとらえ、顧客視点での提案を継続して行う。

中小ITベンダーは、大手ITベンダーを頂点とした従来型のビジネススキームから脱却するチャンスであると前向きにとらえることが重要です。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)