拙い仕事が正しい仕事 - 保険選び - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

拙い仕事が正しい仕事

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
書いてあるようにやれ。
個人的な解釈はいらない。

前職にて、担当金融機関を商品教育で回る際は、必ずそんな指示がありました。
読み上げるための原稿まで、わざわざ用意されています。
それまで常に自分自身の意見が求められる環境にいた為、これが金融機関かとカルチャーショックを受けました。

原稿がある理由は、常に均質な説明が必要であるから。
個人的な解釈による説明が受講者に個人的に解釈されると、全国で間違った解釈による金融商品販売が行われる可能性があるためです。

トヨタ自動車のリコール規模は、やはり拡大しました。
社長自ら会見に臨んだ際読み上げられた原稿は、原稿通りに読まれたものの一部では社長の個人的な感情移入があったように感じられました。

問題になった、ブレーキの時間差の部分。
表現では「ほんのわずか」となっていましたが、ここの読み上げには少し力がこもっていました。
実際の時間差は0.06秒。
確かにヒトがそれを感知することは無い様に思われます。

ただ、この部分はやはりあちこちで取り上げられました。
論調としては、直接そうは表現していないものの「暗にユーザーの勘違いと主張しており、責任逃れではないか」といった流れです。

社長の悔しい心中は分からないでもないですが、ここは均質な説明に徹し、個人的に解釈されることを避けるべきだったようです。


☆お子様が5歳までならチャンス!貯蓄率122.3%の学資保険!
http://www.adual.co.jp/html/gakushihoken.html

☆“知ッ得”マネーセミナー 〜学資保険、子供手当の先取活用法〜
http://www.adual.co.jp/indexafa.html
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。