グループ法人税制の適用で注意が必要です - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

グループ法人税制の適用で注意が必要です

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
法人税
グループ法人税制の適用で注意が必要です【法人税 節税対策】

【法人と個人の税金対策に役立つ神戸の税理士のメルマガ】

平成22年の税制改正のポイントの一つにグループ法人税制が
あります。

ポイントの一つは、連結納税は任意ですがこのグループ法人税制は
強制適用であるということです。

そしてその内容は、、
『100%資本関係にある法人を一つの法人ととらえて課税する』
です。

グループ法人税制のポイントの二つ目は、

『平成22年4月1日以降開始する事業年度から、資本金5億円以上の
法人と直列の関係にある100%子・孫会社等』

に対しては、一般的な中小企業に適用される
『中小企業の特例』が適用できなくなります。

改正趣旨は、もともと中小企業の特例は、零細企業の乏しい
資金調達力を補う役割を果たすため、大企業の100%子会社にまで
適用することは不適切であるという考え方です。

さて、ここで留意すべき点は
資本金5億円の基準ですが、親会社が外国の法人(外資系企業)
であっても適用されます。

つまり、外国法人の資本金に相当する金額を子会社の事業年度末
為替レートで換算して5億円を超える場合、このグループ税制が
適用されることになると考えられます。

グループ法人税制のポイントの三つ目は、
1月11日のメルマガで既にご紹介させていただいていますので
下記URLでご確認ください

http://profile.ne.jp/pf/oumi/column/detail/64826

グループ全体で資産の効率的な活用が促進されると
考えられます。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【神戸の税理士が毎週配信している法人税・所得税・
 相続税に関する、最新情報と節税に役立つメルマガ】

 近江清秀公認会計士税理士事務所のURL
http://www.marlconsulting.com/
 ALLABOUT PROFILEのURL
 http://profile.ne.jp/pf/oumi
神戸の税理士 近江清秀のBLOG
 http://marlconsulting.typepad.jp/
 相続名義変更アドバイザー税理士のHP
 http://fpstation.souzoku-zeirishi.com/
 中央三井信託銀行のリバースモーゲージのHP
 http://www.chuomitsui.co.jp/person/p_03/p_03_re.html
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【編集後記】
先週のメルマガ以降でALLABOUTに書込みしたコメントは
1.上場企業配当の確定申告時の留意点
http://profile.ne.jp/pf/oumi/column/detail/66110

2.不動産賃貸業のちょっとした節税対策
http://profile.ne.jp/pf/oumi/column/detail/66245

の2項目です。確定申告時期ですので是非ご覧ください。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
所得税確定申告書類を作成できる国税庁のHP
 https://www.keisan.nta.go.jp/h21/ta_top.htm
東京マラソンHP
 http://www.tokyo42195.org/
アースマラソンHP
 http://www.earth-marathon.com/
民主党マニフェストのHP
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2009/index.html
中央三井信託銀行のリバースモーゲージのHP
 http://www.chuomitsui.co.jp/person/p_03/p_03_re.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士

記帳代行から経営計画作成まで会社の成長をサポートします

中小企業の記帳代行業務から経営計画の立案まで幅広く支援。適切な助言で企業の発展をしっかりとサポートします。中国アジア地域進出も支援します。また、神戸・芦屋・西宮を中心に相続税対策及び相続税申告業務では、数多くの実績があります。

カテゴリ 「法人税」のコラム