短縮のために出来ること - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

短縮のために出来ること

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
マイバリカン。

おはようございます、使い始めて早三年以上、最近ではすっかり慣れました。


昨日からの続き、電子債券市場について。
今日はリードタイムを縮めるポイントについてです。
要は「スタートからゴール」の時間を短縮出来れば良いのです。


・受注してから作業に取り掛かるまでの工程を短縮する
標準のフォーマットを活用するなどすると可能です。


・作業の効率性を高める
工程の見直しや設備投資などで対応します。


・請求までの時間を短縮する
締め日の改訂など、作業終了から売上計上までの時間を
なるべく短くします。


・売上計上から代金回収までを短くする
例えば二ヶ月待つことになっているのを一ヶ月に縮めます。



このように、リードタイムを短縮するための手段は
ありとあらゆる場面に存在するのです。
この中で、電子債券市場は一番最後の工程において
大きな力を発揮することになります。


この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)