リードタイムが長い=お金が中々手に入らない - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リードタイムが長い=お金が中々手に入らない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
小川軒、名物。

おはようございます、レイズンウィッチ、美味しいです。


昨日からの続き、電子債券市場について。
リードタイムの長短が資金繰りに与える影響についてです。


リードタイムが長いということは、ごく簡単にいえば


・仕事を受けてから代金を回収するまでの時間が長い


ということを意味します。
つまりそれだけ手元にお金が来るのが遅いということです。
そりゃ厳しいよね、というのが何となく感じて頂けるのでは
ないでしょうか?


リードタイムを短縮するためには幾つかのポイントがあります。
明日、幾つか羅列します。


この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

ものは使いようです(2016/12/11 07:12)

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)