「TR-52」ソニー10万台キャンセル事件とサントリー - 保険選び - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「TR-52」ソニー10万台キャンセル事件とサントリー

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
「10万台のオーダーを出そう。ただし、ソニーブランドでは売れない。ブローバーの商標をつけることが条件だ。」(「ソニーはどうして成功したか」より)

1955年4月、東通工(現ソニー)の盛田氏は、苦境に立たされていました。
TR-52は東通工初のトランジスタラジオ。
アメリカの大時計会社ブローバーが関心を寄せ、商談に臨んだところそう切り出されました。

10万台の注文は欲しい。
ただ他社の商標をつけるのは軍門に下ることになる。
それでいいのか。

盛田氏はこの商談を蹴りました。
同等な立場で、お互いの利益のために交渉するのが経営者のあるべき姿。
「TR-52、10万台キャンセル事件」はこうして幕を閉じました。
ソニーはその後“世界のソニー”となります。

8日、サントリーはキリンとの統合交渉が決裂したことを発表しました。
自社発表では「統合比率をはじめ、キリン社との間に認識の相違があり」と明記され、「1:0.8」の統合比率がやはりネックとなったようです。

2008年12月の連結売上は、サントリー1兆5,130億円、キリン2兆3,036億円。
キリンは1.5倍以上の売上を誇り、単純に比率換算すると「1:0.66」。
クレディ・スイス証券が試算したサントリーの理論時価総額でみると「1:0.6」が妥当で、キリンとしては0.8はかなり譲歩したラインと言えます。

グローバル競争の中でサントリーが単体で生き残る難しさは、社長自身も表明しています。
食品・飲料会社世界3位の米ペプシコは、2008年12月期の売上約433億ドル(約3兆8,970億円)。
サントリー・キリン連合の3兆8,166億円はこれにほぼ匹敵し、世界の中では小粒企業の多い日本においてメジャー選手となれるチャンスでした。

よく決断したな。
トヨタ以外に世界で戦える企業となれる機会はまずありません。
サントリーが求めたのは対等合併。
創業家一族に傲慢さの気配が無いわけではありませんが、経営者としてはあるべき姿だと思います。

食品世界トップはネスレ。
2008年の売上高は、約1,100億スイスフラン(約10兆2,900億円)です。


☆お子様が5歳までならチャンス!貯蓄率122.3%の学資保険!
http://www.adual.co.jp/html/gakushihoken.html

☆“知ッ得”マネーセミナー 〜学資保険、子供手当の先取活用法〜
http://www.adual.co.jp/indexafa.html
※当セミナーが「保険ウィズユー」さんに紹介されました
http://blog.hokenwithu.com/item_123.html
 
 
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。