展示会で感じること - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

展示会で感じること

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
長谷川進自身
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日は展示会についてのお話です。

私は仕事柄、時々ビジネス系の展示会に行くことがあります。

展示会に行くと、基本的には全てのブースの前を通るようにしているのですが、展示している企業によって対応にかなりの差があることを感じます。

・展示ブースでの立ち振る舞い
・説明用パネルの内容
・説明時のコミュニケーション力

展示ブースでの立ち振る舞いとしては、積極的に声を掛ける、笑顔で対応するといったことは実行したいものです。
説明用パネルとしては、自社の差別化要因や顧客のメリットなど顧客に響くキーワードを明確に表現したいものです。
説明時のコミュニケーション力としては、訪問者にマッチした説明や質疑応答の対応をしたいものです。

これらのことは、顧客視点を重視した考え方で展示会に参加することを意味しています。

せっかく参加する展示会ですから、ビジネスチャンスを増やすための工夫を実践していきましょう。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「長谷川進自身」のコラム