日本社会での不可抗力な人に対するいじめ - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

宮本 ゆかり
マイウェイネットワーク 
ビジネススキル講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本社会での不可抗力な人に対するいじめ

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル
中国に住んで発見したこと 社会環境
某デパートのパン屋さんでのこと。

そのパン屋では、入り口のところに店員の男性が立っていて

「はい、いらっしゃいませー。どうぞ、ただいまおいしいパンが焼きあがってますよー」と、

お客を呼び込むトークをしていました。

これは一般的にどこでも見かけるような光景です。

私は特に気にも留めず、店内のパンを見ていました。

すると、60代ぐらいの男性客が入ってきて、いきなり、その店員に詰め寄ったのです。

「おまえなー、パン屋で何、でかい声だして宣伝してんだよ。

そんなこと言わないと、売れないのかー。 黙ってても、パンを買いたいヤツは買うだろ。

そんなに宣伝したけりゃ、店内放送でもかければいいじゃないかバカヤロウ・・・」



このおっさんは、すごい剣幕で男性店員を怒鳴りつけ、店員のほうは、怒鳴られている間、表情をこわばらせ、黙ってうつむいていました。

おっさんは、自分が客だと思って、横柄な態度をとっているのです。

〔結局、何も買わないから客じゃないけど〕

私は、店員の男性が気の毒で、また、このおっさんに腹がたって、思わずかばってあげようかと

喉まで言葉が出ていました・・・・が、引っ込めました。

このおっさんに文句を言ったって、火に油をそそぐようなものだと思ったからです。

でも、後から反省しました。

たしかに、おっさんに向かって

「そういうひどい言い方はないでしょう。商売をするなら、この程度の掛け声をするのは当たり前だし、活気があっていいじゃないですかー」

というのは、火に油かもしれない。

でも、その時、私が店員さんに向かってニコッと笑い、

「あら、このパンおいしそうですねー。何が入っているのか教えてもらえますかー?」と言って、

気まずい雰囲気をさえぎることはできたな・・・と思ったのです。

ウン。今度からはその手でいこう。



最近、日本ではたまに、こういう光景を見かけます。

駅員に対して乗客が詰め寄ったり、店員に文句を言ったり・・・。

まるで自分の日頃の鬱憤を、不可抗力の人にぶつけているかのように・・・。

言われたほうの人は、仕事とはいえ、どれだけ傷つくでしょう。

〔もしかしたら、今度は、自分が客の立場で別の店員に言ったりして〕

いやだ、いやだ・・・こんな連鎖は断ち切ってもらいたいものです。