検索キーワードの特徴・活用 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

検索キーワードの特徴・活用

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
アクセス解析・LPOの有効な活用方法 SEO に役立つキーワード活用法(応用編)

■検索キーワードの特徴・活用


まず、検索キーワードを考えてみよう。不動産会社の場合、検索パターンとしては、「不動産」「土地」「住宅」など、様々な検索キーワードが考えられる。



検索キーワード分析を見た際に、検索結果の上位が「不動産」ならば、訪問者は「不動産+α」で多く検索しているといえる。この場合、「不動産」を含めたキーワード(不動産+α)が SEO に有効な一手であることがわかる。

つまり、検索キーワードは、SEOを行う際に「どのキーワードを中心としたら良いか」を考えるキーワードの選定に役立つ。しかし、「不動産」というキーワードが分かっても、単数のキーワードのみで SEO を行う場合は、以下のようなデメリットがある。

・キーワードの種類は膨大となるが、多数のキーワードに対して SEO 対策を実施すると、1ページ内の1単語ごとの比率が下がっていく。その結果、SEO 効果が下がる。
・キーワードごとに SEO を行う必要が出てくるので、SEO の手間やコストも倍増する。
・大衆に認知されている単語は、SEO 効果を狙う競合が多いため、上位表示が難しい。 など

では、どうしたらよいのだろうか。そこで、解決するための次のステップとして「キーワードの深堀=中心としたキーワード+αの検索フレーズの発掘」が必要となる。

アクセス解析についてのお問い合わせ:http

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アクセス解析・LPOの有効な活用方法」のコラム