左脳の仮想世界、右脳の調整 - 保険選び - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

左脳の仮想世界、右脳の調整

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
会社に遅刻しそうだとします。
あなたは当然会社に電話しますが、さてなんと言ったものか。
左脳が活動を始め、いくつかの言い訳を考えます。

電車が遅延しました。
体調不良のため、病院に寄ってから出社します。
見知らぬおばあちゃんが道に迷って困っていたので、背負って目的地まで連れていってあげました。

これらは左脳が創り出した仮想世界と言われます。
ここから右脳が現実的な調整をします。
結果、普通3番目は選ばれません。
右脳は、3番目の答えが仮に事実であっても受け入れられないことを知っているからです。

ヒトは相手が求める答え、納得する答えを自律的に選択する傾向があります。
これは自分自身についてもあてはまり、体調が悪い時に医者に「どこも問題ありません。」と言われるよりは、「少しお疲れなのかもしれませんね。一応薬を出しておきます。」と言われた方が安心します。

右脳の調整は便利ですが、時に落とし穴にはまります。
調整された答えであるがゆえに、実体と乖離するところがあるからです。

最近ではプリウスのブレーキ問題にも、少しその傾向を感じます。
届け出件数が少ないことから、疑問に思い始めた結果、あれもこれも気になりだしたのではないか。
もちろん少ないとはいえお客様がそう感じていることは事実で、それぞれにきちんと対応しなければなりません。
ただ、トヨタ副社長が述べたように、「ブレーキが効いていないわけではなく、急に止まらないようソフトに効いてくるブレーキがあり、フィーリングの問題。」となるとこれはやっかいです。
医者に「どこも問題ありません。」と言われた時と同じだからです。

ブレーキ問題に関しては、まだ正式な調査結果が出ていません。
発表の際は、慎重な回答が求められます。


☆お子様が5歳までならチャンス!貯蓄率122.3%の学資保険!
http://www.adual.co.jp/html/gakushihoken.html

☆“知ッ得”マネーセミナー 〜学資保険、子供手当の先取活用法〜
http://www.adual.co.jp/indexafa.html
※当セミナーが「保険ウィズユー」さんに紹介されました
http://blog.hokenwithu.com/item_123.html
 
 
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。