画面と紙では色が違う - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

画面と紙では色が違う

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践
結婚記念日の花。

おはようございます、先月あった結婚記念日に父母から頂きました、ありがとうございます…。


昨日からの続き、色の表現方法について。
以前にもとある場所で聞いたことはあったのですが


・画面と紙で出てくる色が違う


というお話です。
皆さんも、印刷をしたら違和感を感じたことは
あるのではないでしょうか?


これは画面に色を表示するのと紙に色を印刷する仕組みが
根本的に異なっていることが理由なのだとか。


モニタ画面に色を出すのは加法混色といいます。
紙に色を印刷するのは減法混色といいます。
そもそも表現に使っている手法が違うのですね。


従って、お互いに似た色は表現出来るのですが、
決して同じ色を表現しあうことはできないのだとか。


英語から日本語にどれだけ丁寧に翻訳しても、
決して日本語独特の味わいを出せないようなものです。
もちろん逆もまたしかりですね。


この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

帳面だけでは何も進まず(2016/08/01 07:08)

現状に気が付けるか?(2016/07/31 07:07)

初期仏教や東洋医学(2016/07/28 07:07)