働くを楽しむ - 保険選び - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
羽田野 博子
羽田野 博子
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

働くを楽しむ

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
「年収を取りますか?命を取りますか?」

激務の仕事では、しばしば問われることです。
日々終電始発を繰り返していれば、寿命が縮まることは医学的にほぼ証明されています。
ただ、仕事の難易度が上がり、扱う金額の桁も変われば自ずと費やす時間は増えてゆきます。

古いデータですが社会実情データ図録によると、2000年において週当たり労働時間が50時間以上の労働者割合で見た場合、先進国18カ国中、日本はトップで28.1%。
2位ニュージーランド21.3%、3位米国20.0%です。

最も割合が低いのはオランダで1.4%。
1日10時間労働、平日5日で50時間ですので、勤務時間が午後5時までであれば午後7時までには大半のオフィスが閉められる計算です。

うらやましい。
そんな声が聞こえてきそうですが、日本で実際にこのような状況になるとどうなるでしょうか。
恐らく、むしろ馴染まないのではないかと思います。

以前、転職希望の方のお話しを聞いた際、こんなことをおっしゃっていました。
「今の会社は4時50分には皆が帰る支度を始め、5時ちょうどになると誰もいなくなる。会社に将来性が感じられないので転職したい。」
もちろん残業したいと言っている訳ではありませんが、真面目な日本人は勤労体質があります。

使える時間をフルに使ってアウトプットする。
仕事の複雑さ故に高い能力が求められ、それを完遂した時に得られる爽快感や充実感は達成した者にしか分からないモノと言えます。
要はその仕事にやりがいがあるか。
残業大国日本は、業務量が多い分そんなチャンスのある国なのかもしれません。

尚、私は自らにはなかなか実践出来ないものの、残業容認派ではありません。
昔、「ハイパフォーマー程帰るのは早い。」と教えて頂いたことがあります。


☆お子様が5歳までならチャンス!貯蓄率122.3%の学資保険!
http://www.adual.co.jp/html/gakushihoken.html

☆“知ッ得”マネーセミナー 〜学資保険、子供手当の先取活用法〜
http://www.adual.co.jp/indexafa.html
※当セミナーが「保険ウィズユー」さんに紹介されました
http://blog.hokenwithu.com/item_123.html
 
 
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。