デフレパソコン、インフレマーガリン - 保険選び - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

デフレパソコン、インフレマーガリン

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
平成17年の物価を100とします。
指数は生鮮食品を除く全国総合指数。

1980年、30年前の物価指数は76.5。
1970年、40年前の物価指数は32.5。

現在の物価は30年かけて約1.3倍になりました。
40年かけて約3.1倍になっています。

29日、総務省は消費者物価数を発表。
平成21年で最も物価が下がったのは、前年比48.3%減のノートパソコン。
2位デスクトップパソコン38.2%減、3位灯油33.8%減、4位カメラ32.5%減、5位薄型テレビ29.1%減。
家電が物価を下げる構図となりました。

最も物価が上がったのは、前年比23.4%増のマーガリン。
2位移動電話機17.5%増、3位ひじき17.0%増、4位キャンデー15.4%増、5位牛乳(配達)12.9%増。
全体でも食料は上がりました。

なぜマーガリンが値上げされるのか。
原材料高が背景にあり、植物油の価格上昇が影響しました。
牛乳は、牛のエサとなる穀物価格の上昇が原因です。

家電は買わなければ良いだけですが、食料はそうはいきません。
日本人は30年かけ、インフレを実感しにくい適切な経済に慣らされてきました。
先進国に近づく新興国が増え、島国から見えにくいところで食料需給がひっ迫しつつあります。

日本も忘れているだけで、経験が無い訳ではありません。
1970年から1980年にかけては、わずか10年で物価が約2.4倍になりました。
年平均物価上昇率は13.5%に達します。
 
 
☆お子様が5歳までならチャンス!貯蓄率122.3%の学資保険!
http://www.adual.co.jp/html/gakushihoken.html

☆“知ッ得”マネーセミナー 〜学資保険、子供手当の先取活用法〜
http://www.adual.co.jp/indexafa.html
※当セミナーが「保険ウィズユー」さんに紹介されました
http://blog.hokenwithu.com/item_123.html
 
 
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。