金井壽宏教授×川上真史氏セミナーにて - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

藤崎 葉子
株式会社サクセスボード キャリアカウンセラー
キャリアカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)
宇江野 加子
(キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

金井壽宏教授×川上真史氏セミナーにて

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
こんにちは!


今日は昨日参加したセミナーのことについて書きたいと思います。


慶應丸の内シティキャンパス『夕学五十講』


いつも、キャリア・アドバイザー養成講座の勉強会で


お世話になっている慶應MCCで、


年間50講座、夜の時間帯に各界の文化人・著名人を


招いて、ビジネスに役立つ講座を数多く開いております。


昨夜はその中でも年度の最終回でビッグゲストがお二人、


人事マネジメント、キャリアカウンセリングの世界では


知らない人はいないのでは?という著名&人気のお二人


神戸大学大学院経営学研究科 教授 

金井壽宏先生、


Towers Watson コンサルタント

ビジネスブレークスルー大学院大学 専任教授 

川上真史先生です!


セミナーのテーマは、


「ゆとり教育世代との向き合い方」


内容は主に企業の人事、新卒採用や新入社員教育に


携わる人向けに、新しい世代にどう接し、教育していったらよいか


というものでした。


企業の新入社員という切り口ではありましたが、


そもそもの人材開発や、人との向き合い方という視点で


キャリアカウンセリングにも役立つお話もたくさんあり、


とても有意義な時間となりました。


印象に残ったのは、確かに世代の特徴、


社会的背景や経済事情がその人の人間形成に


影響を及ぼすことはあるものの、


それとは関係なく、個人としてその人のコンピテンシーを


見ていくという部分、両方の視点をもちながら、


丁寧に接していかないといけないだろうということです。


「ゆとり世代だから」あるいは、「新人だから」という


思いこみ、バイアスは、その人をその枠の中に


あてはめて接し、教育してしまうことになりかねない危険を


指摘され、なるほどと思いました。


良くも悪くもバイアスのかかった見方は、


その人を、その方向にもっていってしまう・・


とても子育てにも共通する大事なことだなと思います。


子の子は、○○だからと決めつけづに、


のびのび育ってもらえるよう育児したい、


と最後はママ視点になってしまいました。


近々、このお二人が、新人教育に関する著書を


出版されるそうなので、楽しみにしたいと思います!


新人教育に携わられる方は要チェックの作品となりそうです。