組織を分化させる必要性 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

組織を分化させる必要性

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
趣味 殺陣
ふぐ。

おはようございます、何とか坊主は免れました。


昨日からの続き、塊となってしまう身体について。
確かに体中に塊があるとすれば、どんどん動けなくなって
しまうのは容易に想像ができるかと思います。

手と対象物が最適な位置関係になるためには
腕の動きが重要ということは既に書きました。


そして、腕を自在に動かそうとしても、
腕が固まっていては出来ないのです。
腕全体が大きな塊になってしまっていると、
腕と手と物の効率的な関係が成立しないのですね。



身体組織の硬直化が非効率性を招くというお話です。


ここらへん、非常に経営的なお話に近づいてきます。
自分の身体というものは多くの細胞で成立している
組織である、ということを理解すべきなのだと思います。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「趣味」のコラム

バラバラ(2010/01/31 08:01)

なぜ中心から動くのか?(2010/01/29 08:01)

腕は案外と長い(2010/01/28 09:01)

腕と手(2010/01/26 08:01)