中国進出のGoogleを脅かす敵は「中国政府」と「百度」 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

ネットビジネス研究会 代表取締役
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中国進出のGoogleを脅かす敵は「中国政府」と「百度」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
ネットビジネス最新情報 Google
昨年12月の「THE STRATEGIC MANAGER」を読んでいて
興味深い記事を見つけました。

中国の検索エンジン「百度」
 http://www.baidu.jp/
についてです。


最近では、韓国の検索エンジンNAVER人気
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100127-00000007-rbb-sci
もあったりして、すっかり影を潜めていますが
全世界ではシェア3位の百度です。


中国人と日本人では検索エンジンに対する評価・見方が異なる。



中国人は、自分の欲しい物や情報が見つからない場合は
その検索エンジンは使い物にならないと評価して
他の検索エンジンに切り替える。


でも日本人は、自分のレベルが低いと思い、もっと勉強する。
つまり別なキーワードを入れて探し続ける。



一般的に米国系企業のやり方は、自分たちが作ったものを
皆に利用してもらおうと考えるが、
百度はユーザーの習慣に合わせるという考え方だそうです。



面白いですね。


そこから生まれたのが、「キーワード検索」だけでなく
「自然文検索」にも対応しているとのことなんです。


例えば、
 「箱根へ旅行します。1泊2万円のホテルを教えて下さい」
と自然文検索します。

通常のキーワード検索ならば、「箱根 ホテル」ですよね?



Googleが中国に参入しようとするものの
中国からの攻撃により苦戦しています。
http://jp.techcrunch.com/archives/20100112google-china-attacks/


Googleは中国とも戦わないといけないのもあるけど
中国に参入するからには百度とも戦わないといけない。


そこで開発しているのが
 http://www.sem-r.com/google-2010/20100124195955.html
に書いてあるように
 Google、検索意図を理解して回答をボールド表示する
 "answer-highlighting"を提供開始
なんでしょうかね。




確かに自然文検索が主流になると、
自分の想いを端的なキーワードに置き換える必要がなくなる。


これは便利かもしれない。



ということは逆に言えば、端的なキーワード検索するユーザーに対して
それを分かりやすく言うと、こういうことですかっていう支援を
してもらえると助かるかもしれない。



こんな感じ。



「箱根 ホテル」に対して、検索するユーザーの意図として

 A「箱根のホテルに泊りたいので、口コミの多いのは」

 B「箱根のホテルでランチできる所ってあるかな?」

 C「箱根のホテルに泊まりたいんだけど、どのサイトで予約すれば?」

 D「箱根にホテルと建てたいんだけど、いい建築士は?」

 E「箱根のホテルが人気の理由って何だろうか?」

みたいに考えられる。



これは、「箱根 ホテル」の次に続く第3キーワードを調べると想像がつくし、
第4キーワードを調べると、ほぼ検索意図は確定される。



このように考えていくと、「箱根 ホテル」の検索結果には
A〜Eのような検索結果を返している可能性もある。


自然文検索が日本に馴染むかどうかは分からないが
本当は文章で検索したいのに、あえてキーワードに絞って
検索窓に入力しているということは大事ですね。




Googleが日本語入力システムのサービスを開始しましたが
 http://profile.ne.jp/ask/column_detail.php/63275
入力しているユーザーの意図を予測しながら変換していく技術は
今後、検索エンジンの精度を上げるときに役立つであろう。


そのユーザーが、どのようにキーワードを組み合わせて
文章を書いているかも密かにGoogleは情報収集しているんでしょうね。



考えれば考えるほど面白い。



「箱根 ホテル」の検索結果にYahoo知恵袋や教えてGooなどの
Q&Aを表示するのも面白いですが、もしかしたらGoogleが
 A「箱根のホテルに泊りたいので、口コミの多いのは」

 B「箱根のホテルでランチできる所ってあるかな?」

 C「箱根のホテルに泊まりたいんだけど、どのサイトで予約すれば?」

 D「箱根にホテルと建てたいんだけど、いい建築士は?」

 E「箱根のホテルが人気の理由って何だろうか?」
などを表示する可能性もあるかもですね。



段々、終わらなくなってきましたので、
今日は、この辺で(笑)






ノウハウはリアルタイムでtwitterに公開しています



過去のオススメ記事は以下で公開しています。


 http://enspire.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/2009-eefc.html




またコメントはtwitterにて書き込んで下さいね。
http://twitter.com/enspire_co_jp

宜しくお願い致します。


イーンスパイア(株)からのオススメ情報


テレビ・ラジオ・雑誌・新聞・メルマガ・ネットから取材されました



「真のSEO」のテキスト販売を開始しました



月々3000円からの有料サポートSNS開始しました

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(Webプロデューサー)
ネットビジネス研究会 代表取締役

インターネットを使ったリアルビジネスの売れる仕組み作りが得意

PCやネットの知識が豊富でもネットビジネスで成功できるとは限りません。「リアルあってのネットビジネス」というスタンスで、リアルビジネスのノウハウにまで突っ込んでアドバイスします。お客様を深く知ることが不可欠なので、当然「地元密着主義」です。

カテゴリ 「ネットビジネス最新情報」のコラム