「分かっている」はずが・・・ - 保険選び - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「分かっている」はずが・・・

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
年始から快調であったニューヨーク株式市場は、自律調整の前に外部からの圧力で下げることになりました。

1月19日10,725ドル、年初来高値。
1月20日10,603ドル。
1月21日10,390ドル。
1月22日10,173ドル。

あっという間に、552ドルの下落。
原因はオバマ大統領の、銀行によるヘッジファンド投資禁止などの金融規制案です。
時代に逆行する案で、あちこちで酷評を受けています。
理由は銀行の縮小は経済の縮小を招く点。
至極当然ですが、不思議なのはオバマ大統領陣営もそんなことは「分かっている」のになぜやってしまったのか。

いくつか見方があります。
まず、欧州の追随。
昨年ドイツは、ストックオプションの行使権を4年後とする役員報酬制限を法制化しました。
またイギリスとフランスは、銀行ボーナスへの特別課税を発表しています。
ただ、もともとアメリカはこの手の政策を控えていました。

次に、11月の中間選挙対策。
銀行を仮想敵として、求心力を高める作戦です。
ただ、民意が不満を持っているのはチェンジしない景気に対してで、景気に水を差す同規制は理屈に合いません。

どちらの見方もやはり矛盾するようです。
するとなぜ?

もう一つの見方は、残念ながら焦り。
昨年珍しくテレビのトーク番組に出演したオバマ大統領が、失言をしたことがありました。
苦手なボウリングに関する話題が出た際に、ボウリングを「スペシャル・オリンピックス(知的発達障害のある人の競技会)みたい」と発言したもので、その後謝罪しています。
日本ではこれまた残念ながら頻繁に見られる光景ですが、ことオバマ大統領に関しては異例です。
支持率はより落ちてゆきました。

ヒトである以上メンタルのブレはありますが、合衆国のトップは残念ながらヒトであることが許されません。
まだもうしばらく叩かれると思われますが、「おだて・なだめ・すかし」カリスマ性を復活させて欲しいところです。


☆お子様が5歳までならチャンス!貯蓄率122.3%の学資保険!
http://www.adual.co.jp/html/gakushihoken.html
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。