耐力壁に対する建築基準法と住宅性能表示制度の違い - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

耐力壁に対する建築基準法と住宅性能表示制度の違い

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
●建物の安全性を求めて ☆より安全に住まうために
木造の家は柱や梁で、地震や台風に抵抗しているのでは無いと、以前にご説明しました。
壁の面があってこそ、木造の家は丈夫でいられるのです。その壁(耐力壁)は建築基準法で細かい施工方法が定められており、その通り造らないと耐力壁として認められません。
その他の壁は全て無視されます。

住宅性能表示制度ではその他の壁も耐力壁として扱います。基準法の耐力壁と区別する為に準耐力壁 という云い方をします。

これだけ、読むと住宅性能表示制度の方が、基準が甘い様にも思えますがそうではありません。
耐力壁は地震力が加わった際に、地震力を地面に逃がしてやる為に引張り力や圧縮力が働きます。
それを伝達する為に、柱の接合部を金物で補強するのですが、建築基準法では耐力壁のみ金物補強をすれば良い事になっています。

実際は耐力壁で無くても、壁がある限り耐力壁の何割かは、地震力を負担しているハズですから、同じ様に接合部を金物で補強してやらなければなりません。
住宅性能表示制度ではそこまで踏み込んで、全ての柱に対して金物の検討を強制しています。

住宅性能表示制度では、より実際に則した方法で構造検討を行っています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●建物の安全性を求めて」のコラム

地震お見舞い申し上げます(2008/06/14 12:06)

より安全に住まうために(2007/06/17 13:06)

水平構面の重要性(2007/06/15 12:06)