コンクリート製懸魚。 - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

豊田 康業
有限会社豊田彫刻工房 
インテリアデザイナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
破風の接点、切妻の三角形の頂点部分に付く彫刻があります。
これを懸魚(げぎょ)と言います。

木製と違い、原形を作製し、さらに雌型を起こしてから完成に至るので、多少の時間がかかります。
画像の製品は彫刻の端から端までおおよそ1.5mほどです。
社寺建築における部位の名前は、火難除けの意味合いもあり、水にちなんだものが多いのも事実です。

たとえば、懸魚の中央部や長押などに見られる六葉(ろくよう)。
六角形をしていますが、対角線を結ぶと「水」の字になります。

先人の技術はもちろんですが、ネーミングセンスも素晴らしいと思います。