富士火災がAIGの子会社へ - 保険選び - 専門家プロファイル

有限会社アイスビィ 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

富士火災がAIGの子会社へ

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
保険 損害保険
本日、富士火災が、筆頭株主であるAIGを引受先とした第三者割当増資を実施すると発表しました。元々、富士火災はAIGが約41%超の株式を所有しており、今回の増資に因り比率が50%を超えAIGの連結子会社になる事になりました。国内損保が外資の子会社になるのは初めてで、時代の流れなんでしょうね。

皆さんも聞かれた事があるかも知れませんが、保険業で定められた保険会社の健全性を示す指標であるソルベンシーマージン比率が 基本的には200%以上と言われており今回の増資は2009年9月中間期末で534.4%である富士火災が700%以上ある大手6社より劣り、新規制だと428.2%まで低下するのを防ぐ為と言えますね。ただ、今回の増資による新規制でのソルベンシーマージン比率は460%前後程度となります。

今後、大手が合併をし3大メガ損保となり益々、競争が激化する中で外資との連携に因る生き残りをかけた対応策と言えそうです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
有限会社アイスビィ 代表取締役

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「保険」のコラム

地震保険の値上げと改正(2016/06/04 17:06)

又、上げるの地震保険!(2015/05/05 13:05)

再生医療普及へ保険販売(2014/09/15 15:09)

長期火災保険(2014/09/14 11:09)