移りゆく万博 - 保険選び - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

移りゆく万博

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
万博の意義が議論されるようになってからも、万博は続いています。
史上最多約6,422万人の来場数を記録したのは、大阪万博。
開催されたのは40年も前の1970年です。
IT・情報化が進展し、誰でも情報が手に入るようになりました。
このため、世界中のモノを一所に集める万博の必要性は薄れている、という意見が大勢です。

18日、時事通信によると5月1日から開催予定の上海国際博覧会において、前売り券の販売が好調。
既に1,800万枚が販売されており、目標である来場7,000万人を軽く上回る観測が出ているようです。

現在上海万博に期待されているのは、ポスト北京オリンピック。
野村総研によると、万博会場の建設を中心とした投資は286億元(約3,700億円)。
ただ関連投資や都市インフラ建設投資を含めた投資規模は2,500〜2,700億円(3兆4,000億円前後)。
北京オリンピックの約15兆円程ではないものの、ブラジルが昨年6月に発表した景気刺激策約2兆5,000億円を軽く上回ります。

上海の株式市場は、金融引締め懸念からしばらく軟調な展開が続いています。
不動産再バブル懸念も台頭しており爆発的な上昇は期待しにくい状況ですが、結果、ある程度バランスのとれた上昇トレンドとなりそうです。

万博の目的は事実上、経済要因が大きくなりました。
ただ、規模が大きくなればその分訴求力は増します。
公式サイトによると出展表明は既に221。
各国が参加表明しており、既に目標の200を上回りました。
本来の万博の魅力も大きそうです。


☆Adual(アデュアル)の運営サイトはこちら
『生命保険アカデミー』 http://www.adual.co.jp
『医療保険アカデミー』 http://www.adual.co.jp/html/iryo.html
『がん保険アカデミー』 http://www.adual.co.jp/html/cancer.html
『学資保険アカデミー』 http://www.adual.co.jp/html/gakushihoken.html
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。