日銀も国債を買うの!? - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日銀も国債を買うの!?

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
こんばんは!

1月に入り、日本海側を中心に大雪のところも出てきましたね。
ニュースでは、九州もかなり吹雪いていたので、数年前に福岡で講演を行った際、大雪だったのを思い出しました。

寒い1月なっていますが、皆さん、体調管理には万全を期してお過ごしください。


さて、今後大量発行が予定されている国債ですが、ここにきて、その「買い手」のひとつである日本銀行の買い余力が縮小しています。

日銀では、長期国債の保有額を、お札の発行額以内に抑えるという「銀行券ルール」を決めています。

12月末における買い余力は約33兆円となっており、1年前の40兆円から大きく縮小してきています。

要因の一つには、発行される国債を消化するために、月々の購入額を2009年3月から3割近く引き上げて、月1兆8千億円に引き上げたことが挙げられます。

一方、お札の発行は、金融機関による貸し出しが伸び悩む中、このところ2か月連続で前年同月を下回っています。

この状況が続くと、日銀の買い余力もあと4,5年といわれているのです。

ただでさえ、お札の発行元である中央銀行が、国の借金を受け持つという構図自体、好ましい状況とはいえないため、今後の日銀の動向にも注目したいところです。

増え続ける国債発行、果たして最後はどうなるのやら・・・・


さて、本日は、メルマガ発行日です。

無料メルマガでは、日本で購入可能なベンチャーファンドをご紹介しています。

また、2月の「海外ファンド勉強会」の開催情報も掲載していますので、是非、ご覧ください。
http://www.mag2.com/m/0000121186.html


一方、明日発行の有料メルマガでは、人気の「元本保証ファンド」、そして年2回配当の出る「インカムファンド」の新着情報を載せています。

1か月は、無料でお試し購読ができますので、こちらも合わせてご覧ください。
http://www.mag2.com/m/P0007911.html

それでは、また!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム