産業廃棄物の排出状況(平成19年度) - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

尾上 雅典
行政書士エース環境法務事務所 
大阪府
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

産業廃棄物の排出状況(平成19年度)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般
統計 産業廃棄物の処理状況
 環境省から、「産業廃棄物の処理状況(平成19年度実績)」が発表されました。

 環境省の発表内容を抜粋・転記します。

(1)全国の産業廃棄物の総排出量
 ・平成19年度総排出量 約4億1,900万トン(前年度 約4億1,800万トン)

(2)業種別排出量:前年度と同様、上位6業種で総排出量の約8割。
1 電気・ガス・熱供給・水道業
約9,581万トン(22.8%)(前年度 約9,708万トン 23.2%)
2 農業
約8,781万トン(20.9%)(前年度 約8,792万トン 21.0%)
3 建設業
約7,725万トン(18.4%)(前年度 約7,753万トン 18.5%)
4 鉄鋼業
約3,827万トン( 9.1%)(前年度 約3,837万トン  9.2%)
5 パルプ・紙・紙加工品製造業
約3,548万トン( 8.5%)(前年度 約3,387万トン  8.1%)
6 化学工業
約1,758万トン( 4.2%)(前年度 約1,721万トン  4.1%)

(3)種類別排出量:前年度と同様、上位3品目で総排出量の約8割。
1 汚泥
約1億8,531万トン(44.2%) (前年度 約1億8,533万トン 44.3%)
2 動物のふん尿
約8,748万トン (20.9%) (前年度 約8,757万トン  20.9%)
3 がれき類
約6,090万トン (14.5%) (前年度 約6,082万トン  14.5%)

(4)産業廃棄物の処理状況
・再生利用量
約2億1,881万トン(52.2%) (前年度 約2億1,477万トン 51.3%)
・減量化量
約1億8,047万トン(43.0%) (前年度 約1億8,193万トン 42.5%)
・最終処分量
約2,014万トン( 4.8%) (前年度 約  2,180万トン  5.2%)

 

 最終処分量が前年よりも減少し、逆に再生利用量が前年よりも増加していますので、日本の産業界では、廃棄物のリサイクルが当たり前になったと言えそうです。

 しかしながら、産業廃棄物の発生量自体は前年度よりも増加していますので、発生抑制が進んでいないのも事実です。

 廃棄物処理の現場レベルでは、既に廃棄物の取扱量が減っていますので、平成19年度のデータとは言え、実態とやや乖離したデータになっています。



 運営サイト 産業廃棄物許可コンサルティングセンター
 著書 「最新産廃処理の基本と仕組みがよ〜くわかる本」