分配型投資信託の分配金利回り - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

土井 健司
土井経営研究所 代表
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

分配型投資信託の分配金利回り

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
資産運用 投資信託
分配型ファンドの分配金の利回りは
表面利回り
  =年間分配金/基準価格×100
となりますが。
これは基準価格が変動しない事が前提となります。

一方、実質利回りとしては
  =(年間分配金+基準価格の増減額)/購入時基準価格×100
が適正と考えられます。

この例での年間実質利回りは
       購入時    期末     年間
       基準価格   基準価格   分配金       実質利回り
Aファンド  10,000      9,500     @100×12=1,200      7.00%
Bファンド   7,000      7,100     @40×12=480        8.29%

となることから、単に分配金の高さだけで購入するのではなく、実質利回りに着目する事の重要性が分かります。