一人部屋が及ぼすもの その2 後半 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

一人部屋が及ぼすもの その2 後半

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
子供の住環境を考える 一人部屋が及ぼすもの
(つづきです)

なぜなら、一人きりでしか集中力を発揮できない精神性は、社会に出たときには大きなストレスを抱える可能性があるからです。もう少し具体的にいうと、例えば会社に入った新入職員の職場環境をイメージしましょう。

大きな部屋にレイアウトの差こそあれ、机を並べて仕事をします。そして年齢も20歳代から50歳代とバラバラで、取り組んでいる仕事もバラバラです。

人によっては、休憩を取って談笑していたり、電話対応で大きな声を出していたりと様々です。時には上司ら、上司の都合で話しかけられます。

どうですか?想像できますか?
このような状況では、ストレスがどんどん溜まるのが目に見えています。

新入職員の段階で、重役クラスの個室が手に入らない限り一人きりで集中する環境を手に入れるのは困難を究めるでしょう。近年、SOHOや起業して一人で仕事をしている人が増えている背景にはこういった部分も影響しているかもしれません。

あなたはこの話を聞いてどのように感じるでしょうか?
時間を作って夫婦で話し合ってみてください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「子供の住環境を考える」のコラム