三現主義の重要性 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

三現主義の重要性

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
人材育成
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日は三現主義についてのお話です。

最近、経営者の方々と話していて感じるのは、三現主義の重要性です。

現場・現物・現実にこだわることを「三現主義」と言いますが、不況が続く今の時代においても、前向きに経営を進めていこうとされている経営者の多くは「三現主義」を重要視しています。
「三現主義」という言葉を使うわけではないのですが、話を伺っていると、「三現主義」を常日頃から意識されている方が多いですね。

単なる情報収集であれば、インターネットなどを活用することで効率的に行うことができる時代ですから、現場・現物・現実にこだわることは、ある意味面倒なわけです。
しかし、現場・現物・現実にこだわることでしか得られないことがあると、このような方々は感じているのです。

中小企業経営者の皆様にとって、全ての事について現場・現物・現実にこだわることは難しいでしょう。
しかし、「これは」と思うことについては、三現主義にこだわってみてはいかがでしょうか。
「これは」と思うこと自体が、三現主義の積み重ねから得られるものなのでしょう。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「人材育成」のコラム

文書作成力(2016/12/01 10:12)

常に時間の余裕を持つこと(2016/11/08 10:11)

悩めるCIO(2016/10/26 10:10)

人が育つための環境(2016/10/19 10:10)

プロフェショナルの言葉(2016/10/15 13:10)