繰上返済をしたら、保証料は戻ってくるのか? - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

徳本 友一郎
株式会社スタイルシステム 代表取締役
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
沼田 順
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

繰上返済をしたら、保証料は戻ってくるのか?

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
住宅ローンの基礎知識 教えて!住宅ローンの落とし穴
保証料は借入金額と期間によって決まりますので、
繰上返済をして期間が短くなった場合、
その分の保証料が戻ってくることがあります。

借入当初は残高も多いので、それに対する保証料は多くなっています。
残高が少なくなってくれば、それに対する保証料も減ってきます。

ですので、保証料を期間で按分して、
残期間分が丸々戻ってくるわけではありません。
思っているほどは戻ってこないと思っていたほうがいいかもしれません。

また、その戻ってくる保証料の中から、
事務手数料(多くは10,500円)が差し引かれます。

戻ってくる保証料が10,500円に満たない場合は、
戻りがないだけで、不足分を負担するということはありません。