紹介を受けた時は、義理を果たすこと - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

宮本 ゆかり
マイウェイネットワーク 
ビジネススキル講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

紹介を受けた時は、義理を果たすこと

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル
夢を実現する力 私が“成幸”するまでに掴んだ教訓
私は、人と人をご紹介するのが大好きで〔ほとんど趣味といってもいい〕、知り合い同士を、よくお引き合わせします。

もちろん、誰とでも・・・というわけではなく、「この人とこの人が知り合ったら、きっとお互いにとって有益じゃないかな」という勘が働いた時だけです。

その後、実際にお仕事が始まったとか、何か良いことが起こった・・・という話を聴くと、それだけでワクワクして、自分の使命をまっとうしたような気分になりますo(*^▽^*)o~

人をご紹介することは、私のライフワークみたいなものであって、何ら報酬は求めていません。

でも、考えてみると、これは過去に自分が培ってきた信用〔人脈〕を、タダであげているようなもの。

それを受け取った人は、せめて「報告」という最低限のマナーは守って欲しいなと思います。
〔“お礼”をする必要はありません。“報告”だけです〕

人によっては、「その後、こうなりましたよ」と、逐一ていねいな報告をくださる方もいれば〔そういう人は、ご紹介冥利に尽きるので、その後もどんどん紹介してあげます〕、音信不通の人もいます。

自分が困った時は、あんなに頻繁に連絡をしてきたのに、必要性がないとパタリと連絡を絶つ。
つまり、“義理を欠く”という行為です。

こういう姿勢を見ると、悲しくなります。

でも、『人の振り見て、我が身を直せ』。
自分自身もどうか?点検してみる必要があります。


とにかく、人様からご紹介を受けた時は、その後のお礼と報告をキチッとする、
これは義理を大切にする基本でしょう。