40歳後半から急増するがん、熱いものがしみたら要注意 - 保険選び - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

40歳後半から急増するがん、熱いものがしみたら要注意

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
日本人の食道がんは、約半数が胸の中にある食道の真ん中あたりから発生します。
死亡率は40歳代後半から上昇。
男性の死亡率が高いのが特徴で、女性の5倍に達します。
また罹患(りかん)率の国際比較では、日本人は東アジア諸国の中で高い傾向にあります。

7日、指揮者の小澤征爾氏は食道がんを告白。
ウィーンと日本で予定していた30公演を、治療に専念するため全てキャンセルすると発表しました。
年末に受けた人間ドックで、食道がんが発見されたそうです。

食べ物を飲み込んだ時に胸の奥がチクチク痛んだり、熱いものを飲み込んだときにしみるような感覚になったことはないでしょうか。
それらは食道がんの初期症状です。
がんが少し大きくなると逆にこの症状は感じられなくなります。
このため、思い当たる節があれば少しでも早く検査に行く必要があります。

食道がんの主な原因は飲酒と喫煙。
また、ブラジルやウルグアイなども食道がんが多く見られ、熱いマテ茶を好んで飲むことが原因と言われています。

予防は野菜と果物の摂取。
また肥満もリスクを上げる要因とされており、適度な運動が重要です。

小澤氏は会見で、自覚症状は全く無かったとおっしゃっています。
しばしばあるケースで、実際に健康診断や人間ドックで発見される食道がんの2割程度は無症状の食道がんです。

受診を忘れた方はお早めに。
食道がんは早期発見されれば、大半が治癒します。


☆Adual(アデュアル)の運営サイトはこちら
『生命保険アカデミー』 http://www.adual.co.jp
『医療保険アカデミー』 http://www.adual.co.jp/html/iryo.html
『がん保険アカデミー』 http://www.adual.co.jp/html/cancer.html
『学資保険アカデミー』 http://www.adual.co.jp/html/gakushihoken.html
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。