長寿命住宅をつくる−スタート - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

有限会社パルティータ 代表
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

長寿命住宅をつくる−スタート

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家の寿命を科学する
日本の住宅の寿命が短い理由は、耐久性が足りないわけではなく、ライフスタイルや価値観に関わることでした。

日本人のライフスタイルの変化は、欧米人と比べ大きく、家がその変化に対応できなくなることが最大の原因です。
長寿命住宅をつくるには、ライフスタイルの変化に、環境(家)が対応できる事が必要です。

そのためには、
  フェーズ1 建物に手を加えなくても、変化に対応できる
  フェーズ2 変化に応じ、簡単に家を変えられること

「手を加える」、「家を変える」とは、工事を行うことです。

言い換えると、
  フェーズ1 工事を伴わなくても、ライフスタイルの変化に対応できる
  フェーズ2 ライフスタイルの変化に応じ、最小限の工事で改築する
ということです。


現在、当事務所で設計を進めている「NNボックス」は、3世帯のための専用住宅ですが、長寿命住宅「100年住める家」を目指しています。
若い世帯が住むこともあり、今後さまざまな環境、生活の変化が予想され、家がその変化に対応できるよう考慮しています。

次回より、必要に応じ、「NNボックス」の考え方を紹介しながら、長寿命住宅の具体的方法について述べたいと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

カテゴリ 「家の寿命を科学する」のコラム