2010年シェルター計画 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

2010年シェルター計画

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
リフォームのススメ
今年1/11でプロファイルに登録して丸4年になります。

昨年後半はバタバタして10月から更新していませんでしたw

さて、2010年の今年は昨年以上に厳しい年になると言われておりますね。


新築や建て替えはもちろんのこと、大規模リフォームにも躊躇されておられる方からのご相談をよく受けますが、皆さん口をそろえて仰るのは「地震がきたら怖い」と言う事です。

確かに昨年末は地震が頻繁に起きましたね。


そこでオススメなのは
地震時に「ここに逃げ込めば助かる部屋(シェルター)」を設けることです。

一般的には就寝時にも安全な「寝室」をシェルター化(耐震補強)することですが、もっと簡易的に済ませたい場合は「浴室」や「トイレ」など短いスパンで柱に囲まれたスペースをシェルター化することも可能です。


最近は自治体でも部分的耐震改修助成をしているところがあります。

耐震リフォームとバリアフリーリフォームを組み合わせることも有効な手段です。

ご興味のあるかたはお問い合わせください(^^)




こちらは毎日更新中です

介護福祉建築家のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「リフォームのススメ」のコラム

秋はリフォームシーズン(2012/10/28 16:10)