飲むか飲まれるか!?酒との健康的な付き合い方(2) - 心の不安・性格改善全般 - 専門家プロファイル

東京都
医師
03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

飲むか飲まれるか!?酒との健康的な付き合い方(2)

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 心の不安・性格改善全般
(続き)・・それではその酒とは、我々はどのように付き合えばよいのでしょうか。それには酒のもつ「効能」と「危険性」というものをよく考えてみる必要がありそうです。

まず酒の効能としては血管を拡張させる作用があり、適量の範囲では心臓病など血管疾患の罹患率が減少するという臨床データがあります。心筋梗塞や脳卒中などの病気を抑制するというのです。百薬の長などという表現は、主にこの傾向を指しているようです。

ただし適量を過ぎてしまうと、逆に血管を収縮するなどの悪影響が出てしまいます。その適量というのは個人差がありますが、よく飲める男性であっても日本酒換算で1合前後、多くとも2合までとされています。

精神的な効能としては、適量の酒が入ることによって心がリラックスし、緊張が解けるということがあります。それによって普段怖くて話もできないような相手と訳もなく話ができるようになり、人間関係が改善したり組織運営が円滑になるなどの好影響も期待されます。

それから食欲を増すなど消化器系に良い影響が出ることも挙げられます。適度のアルコールは胃粘膜を刺激して消化を助けます。会食や宴席で「食前酒」が振舞われるのはそのためです。また酒とその器は、食卓に華やかさを演出してくれます。

また食文化の歴史を紐解いても、酒と食との間には切っても切れない縁があります。古来、趣向を凝らした数々の料理や食器、調度品は、食材もさることながら酒類によっても引き立てられていました。料理そのものが酒を美味しく飲むために拵えられてきた側面もあるのです・・(続く)
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 医師)

あなたの自然治癒力を引き出し心身の健康づくりをサポートします

病気を治したり予防するにあたり、いちばん大切なのは、ご本人の自然治癒力です。メンタルヘルスを軸に、食生活の改善、体温の維持・細胞活性化などのアプローチを複合的に組み合わせて自然治癒力を向上させ、心と身体の両方の健康状態を回復へと導きます。

03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。