住宅断熱基礎講座/FBS工法とは - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

野平 史彦
株式会社野平都市建築研究所 代表取締役
千葉県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅断熱基礎講座/FBS工法とは

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
住宅断熱基礎講座 04.高気密・高断熱は様々な工法へと向かう
04-9:FBS工法とは?

 さて、ここでやはりソーラーハウスにも「壁体内空洞」を利用しようという考え方がでてきます。長野に拠点を置く北信商建が開発したFBS工法は外断熱による高気密・高断熱工法を基本に太陽熱と壁体内空洞の積極的な利用を図った工法です。

 このシステムはOMソーラーが外気を取り入れながら太陽熱で暖めて室内に導入しているのに対し、屋根の集熱部には外気を取り込まずに壁体内の空気を床下に設置した集熱ファンによって循環させる閉回路で輻射暖房を行い、換気は暖房とは絡めずに別系統で行っています。集熱されたエネルギーはOMソーラーと同様、床下の土間コンクリートにも蓄熱されますが、どちらかと言えば給湯のほうにまわされ冬季間でも晴天の日には十分な給湯が得られます。

 FBS工法はソーラーサーキットをベースにしていますが、外気を導入していないので断熱そのものは暖房時と同様、冷房時もその役割をしっかりはたしており、従って、夏場の湿気の多い空気を壁体内に取り入れることの疑問も解消しています。

 ソーラーハウスであってもその出発点は高気密・高断熱であり、壁体内空洞利用と太陽熱利用の既存のシステムの問題点を巧みにクリアーしながらその付加価値を高めていったシステムと言えるでしょう。さらに、FBソーラーでは床下に放熱器や深夜電力蓄熱ストーブを設置して全室暖房のトータルなシステムとしての完成度を高めています。

高断熱デザイン住宅お任せnet