繰上返済はどれくらいまとめて行えばいいのか? - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

徳本 友一郎
株式会社スタイルシステム 代表取締役
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

繰上返済はどれくらいまとめて行えばいいのか?

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
住宅ローンの基礎知識 教えて!住宅ローンの落とし穴
手数料がかからないところであれば、
少しでも資金が残ったら、繰上げをした方が利息軽減効果はあります。

手数料がかかるところなら、
ある程度貯めてから行った方がいいでしょう。

だからと言って、手数料がもったいないからと、
3年後に300万円を1回で行うよりかは、
1年ごとに100万円を行う方が効果的です。

目安としては、50万円とか100万円単位とお考え下さい。

銀行によっては、繰上げできる下限金額が
100万円等に設定されているところもありますので、
事前に確認してみてください。