アクセス解析物語part3:サッカー戦術編 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アクセス解析物語part3:サッカー戦術編

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
アクセス解析物語

アクセス解析物語part3:サッカー戦術編



環の小坂です。

今年はJリーグ移籍が多いですね。
ゴン中山選手が札幌に移籍しました。
柏木、トゥーリオ、金崎、森重、西川などの移籍に加え、
小野・稲本といった海外組にもJリーグ復帰の噂があります。

そんなわけで、今回はサッカー戦術編です。

言うまでもなく、得点>失点になることです。
1-0でも3-2でも勝てばいいわけです。

さて、こんなチームはどうでしょうか?

ケース1


ボール奪取はセンターバックの二人が担っています。
そして、そこからサイドバック、ボランチとボールがわたります。
ボランチとFWの間の距離が開いているので、
ボランチから攻撃的MFやFWに渡る前にボールを失うケースが多々あります。

→ボール奪取の場所を前にするか、スペースを狭くする戦術が必要です。

ケース2


中盤が厚い3-6-1のシステムを採用。
中盤でのボール奪取率が高く、そこからのパス交換は絶妙です。
しかし、1トップに難があり、シュートが決まりません。
中盤もパス能力は高いもののシュートはなかなか打ちません。

→FWを強化するか、中盤のゴール意欲を高める必要があります。

ケース3


プレス戦略がうまく、チーム全体でボール奪取能力は高いです。
が、技術に乏しいため、すぐにボールを失います。
FWまでボールが渡ればゴールは決まりますが、なかなか渡りません。

→キープ・パスの能力が必要です。

結局
・入口が多様でないとロングテールに対応できない。
・入口からコンバージョンは出来るだけ短く・わかりやすい方がよい。
・最終的にコンバージョンにつなげる魅力・簡潔さが必要。
・そもそも直帰が多かったり、早期の離脱が多いと勝負にならない。

アクセス解析でサッカーチームに例えるとどうなのか考えると、
わかりやすいことがあります。

カウンターサッカー、ポゼッションサッカーなどや
クロス重視、縦へのスピード重視などなど。

ボールをどこで奪うかも重要ですね。

サッカー好きが多い?ホームページ作成会社環
↑うちの会社は20名ちょっとですが、浦和、柏、東京、清水、名古屋、C大阪、甲府のファンがいます。
海外だとリバプール、バイエルンとか。
1月にはフットサルの大会に出場予定です。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アクセス解析物語」のコラム