税制改正 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

税制改正

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
物産展。

おはようございます、ここで全国のおみやげが買えました。


昨日からの続き、なぜ生活費を見直すべきなのか?
ずばり、税制改正の影響が全ての人に及ぶからです。


ここ最近まとめられた税制改正の方針において、
過去数十年において考えても相当規模の大改正が
行われることになりました。

その結果、単純な税負担額だけを考えるならば、
ほぼ全ての納税者が増税傾向にあります。

しかも、その増税額が結構な金額になりそうです。


その分が件の子ども手当とやらで穴埋めされる
予定なのですが、そちらの方針はどうもはっきりせず。


これは会社経営者もサラリーマンも同じことが
当て嵌ります。
そこで考えて頂きたいのが生活費のことなのですね。


この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)