子ども手当は、所得制限なし - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

森本FP事務所 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子ども手当は、所得制限なし

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
くらしを守るマネー管理術 FP森本直人は、こう考える
どうやら子ども手当は、所得制限なし
という方向でまとまったようです。

一連の子育て支援策については、
バラマキという批判はあるものの、
とにかくこれに賭けてみようということで、
政権交代が行われましたので、
あとから、ハシゴをはずすようなことになれば、
揉め事になっていたでしょう。

個人的には、今は、若年層に貯蓄が少なく、
高齢層に貯蓄が集中しているため、この対策には、
そのギャップを埋める効果もあるのではないかと見ています。

具体的には、世代別の1世帯あたりの貯蓄残高の平均は、
30歳未満の278万円、30代の640万円に対し、60歳以上は、
2019万円となっています。しかも、30代以下の世代は、
負債が貯蓄を上回る「負債超過」の状態です。
出所:平成20年家計調査年報(貯蓄・負債編)

このため、お金がないので、結婚もできない、子供も持てない
という20代、30代が増えているものとみられます。

あとは、本当にこの対策の財源を確保できるのかです。

もし財源確保のために国債を増発することになれば、
長期金利が、少しずつ上昇していくシナリオも考えられます。

特に、住宅ローンを変動金利で組んでいる方は、
このシナリオに注意が必要です。

勘違いされている方もいますが、変動金利が上昇すると、
固定金利はもっと上昇しますので、
気付いた時には、もう手遅れということもありえます。

場合によっては、早めに固定金利に借り換える
という選択もありえるでしょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「くらしを守るマネー管理術」のコラム

投資をしない理由(2016/10/28 17:10)

安心なサービスの選び方(2016/08/26 16:08)