平成22年度税制改正大綱が閣議決定 【税法全般】 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士
税理士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

平成22年度税制改正大綱が閣議決定 【税法全般】

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
平成22年度税制改正大綱が閣議決定 【税法全般】

【法人と個人の税金対策に役立つ神戸の税理士のメルマガ】
 
平成22年度税制改正大綱が昨日の閣議決定され
内閣府のHPで公開されました

興味のある方は下記URLでご確認ください
http://www.cao.go.jp/zei-cho/etc/pdf/211222taikou.pdf

一般的に影響の大きい改正は
扶養控除の廃止だと思います。
詳細は、上記URLのPDFで32枚目に記載があります。

住宅関連では、住宅取得資金に関する贈与税の非課税枠が
500万円から1500万円に拡大されました。
これは、上記URLのPDFで62枚目に記載があります。

中小企業関連で最も大きな改正が、いわゆるオーナー企業の
業務主宰役員給与の損金不算入制度が廃止されることです。

つまり、現在いわゆるオーナー企業の場合、社長の役員報酬の
一部について会社経費にならないという、中小企業にとっては
最悪の法律が廃止になります。

これは、平成22年4月1日以降終了する事業年度から適用
なので、適用開始にご注意ください。

つまり、5月末決算7月申告に間に合わせるための税法改正です
要するに参議院選挙には間に合わせたかった。という民主党の
考えがあからさまに出ている改正です

ただし、この改正には裏があって
23年度改正では、いわゆるオーナー企業の役員報酬に関する
さらに厳しい税法改正が予定されていることを含んだうえでの
超短期の減税措置です。

今回の税法改正は、民主党の様々な思惑がちらつく内容に
なっています。

興味のある方は、上記URLのPDFをご覧ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【神戸の税理士が毎週配信している法人税・所得税・
 相続税に関する、最新情報と節税に役立つメルマガ】

 近江清秀公認会計士税理士事務所のURL
http://www.marlconsulting.com/
 ALLABOUT PROFILEのURL
 http://profile.ne.jp/pf/oumi
神戸の税理士 近江清秀のBLOG
 http://marlconsulting.typepad.jp/
 相続名義変更アドバイザー税理士のHP
 http://fpstation.souzoku-zeirishi.com/
 中央三井信託銀行のリバースモーゲージのHP
 http://www.chuomitsui.co.jp/person/p_03/p_03_re.html
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【編集後記】
リバースモーゲージってご存知でしょうか。
核家族化が進み、都会の独居老人が増加傾向にあります。
そんな不安を解消するツールの一つがこの
リバースモーゲージです。
興味のある方は、下記URLをご覧ください
 中央三井信託銀行のリバースモーゲージのHP
 http://www.chuomitsui.co.jp/person/p_03/p_03_re.html
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
東京マラソンHP
 http://www.tokyo42195.org/
アースマラソンHP
 http://www.earth-marathon.com/
民主党マニフェストのHP
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2009/index.html
中央三井信託銀行のリバースモーゲージのHP
 http://www.chuomitsui.co.jp/person/p_03/p_03_re.html
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士

記帳代行から経営計画作成まで会社の成長をサポートします

中小企業の記帳代行業務から経営計画の立案まで幅広く支援。適切な助言で企業の発展をしっかりとサポートします。中国アジア地域進出も支援します。また、神戸・芦屋・西宮を中心に相続税対策及び相続税申告業務では、数多くの実績があります。