理想の住まいをイメージするには - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

平原 光人
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

理想の住まいをイメージするには

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家づくりのノウハウ
家づくりをどこへ依頼するにしても、建て主が
家のイメージがつかめていないと、話しが先へ
進みません。
そこで具体的なイメージをもつために、まず
現在住んでいる家の不満を書き出してみると
いいでしょう。
収納が少ないとか、料理がしずらいとか、
バスルームが狭いなど、いろいろと挙げてみると、
自ずとイメージが浮かんできます。

イメージが浮かんだら、次に全体像をつかみます。
用途別に平面図にプランを書いていきます。
これを「ゾーニング」といいます。
ゾーニングではだいたいの配置を決めます。
ダイニングやキッチンはどこにするか、玄関は
どこに配置するかなど、おおよその場所を書きます。

ゾーニングは、細かいところを検討する前に
家族の間で十分議論することが重要です。

■ゾーニングの4つの分類
(1)ダイニング、リビング
(2)寝室、個部屋
(3)キッチン、浴室、洗面室、トイレ
(4)廊下、階段、玄関

(1)・・・住まいの中心
(2)・・・プライベートな空間
(3)・・・機能的空間
(4)・・・移動空間

一日の行動パターンをゾーニングに
そってイメージしてみると、無理な動線
だったり無駄なものだったりすることに
ないように空間を配置します。


一級建築士事務所ナユタ
http://www.nayuta-co.com/

納得!暮らしの快適空間
http://www.kaiteki-kukan.net/