梅に糖尿病の治療効果成分? - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

吉川 祐介
Wecareカイロプラクティック&ナチュラルケア 院長
カイロプラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
市原 真二郎
(カイロプラクター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

梅に糖尿病の治療効果成分?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
健康雑学
昔から、梅は身体にいいことが知られ、保存食として日本では広く活用されてきました。その梅に糖尿病治療で使われる「α―グルコシダーゼ阻害剤」としての効果がある成分が含まれているそうです。

動物実験では、糖尿票を予防する効果もみられたと言うことで、その成分については、特許が取られたとのこと。

同様に昨年には、胃潰瘍(かいよう)などの原因となるヘリコバクター・ピロリ菌を抑制する物質があることで、特許を取得しています。

梅の食べ方には、梅干し、ジャム、ジュースなどがあります。梅のどの部分にその成分が含まれているのか、詳細がわからないので、どう調理した梅が効果的かは今のところ不明です。


吉川祐介ウイケアカイロプラクティック