強まる著作権、変化へのアレルギー - 保険選び - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

強まる著作権、変化へのアレルギー

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
2002年4月15日、東京地裁は匿名投稿でも著作権を認める判決を下しました。
日本初となった匿名インターネット掲示板における著作権訴訟は、原告の完全勝訴となりました。

同掲示板はホテルや旅行に関する情報を、利用者が匿名で投稿するサイト。
被告出版社はそれらをまとめて「世界極上ホテル術」として出版。
匿名であっても著作権はある、と主張する原告らによって訴えられました。

事件は運営側にいくつかの手落ちがあったため、汎用性に乏しい面はあります。
最大の問題は投稿の権利が管理側にあることや投稿の無断転載に関する断りが無かったことで、この点は裁判でも争点の一つになりました。

判決は、投稿には個々人の実体験が多く有用で個性が認められることから、匿名であっても著作権を認める、という結論でした。

18日、ロイターによるとパリ地方裁判所はグーグルが進める書籍電子化サービスに対し、著者の合意が無い電子化の禁止と30万ユーロ(約3,900万円)の支払いを命じました。

著作権保護か、ネット世界における表現の自由か。

今回の判決は、パリ地裁の葛藤をうかがわせるところがありました。
最終的に電子化の禁止や支払いを命じましたが、原告の損害賠償額は1,500万ユーロ(約19億5,000万円)で50分の1の支払い命令にとどまったからです。
ただ、「禁止」は非常に厳しい判決です。

ロングテール。
この言葉はネット書籍販売のアマゾンから産まれました。
通常上位2割の商品による売上が全体の8割を占めますが、ネットビジネスにおいては上位2割以外の商品による売上が全体の過半に達する、という状況を指します。

書籍電子化の禁止は上位2割以外の可能性を潰し、結果として業界全体の成長を妨げます。
今回の判決は、伝統を重んじるフランスが変化に対する根強いアレルギーを持つことを改めて示す結果となりました。
他国が安易に追随しないことを望みます。


☆Adualが運営するサイト『生命保険アカデミー』はこちら
http://www.adual.co.jp
 
 
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。