レッドブルの缶はなぜ細い? - 保険選び - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
羽田野 博子
羽田野 博子
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

レッドブルの缶はなぜ細い?

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
1998年、ニューヨーク・タイムズスクエアでは、缶の壁を戦車で突破する挑戦的なパフォーマンスがありました。
缶はコカ・コーラやペプシコ。
宣戦布告したのはヴァージン・コーラを引っ提げた、ヴァージン・ドリンクスでした。

ヴァージングループは低価格・高サービスを売り物にした英国の多国籍企業。
日本では馴染みが薄い企業ですが、一時期は日本でも音楽・映像ソフト販売のヴァージン・メガストアを展開していました。
ヴァージン・ドリンクスは以後、アメリカの象徴を相手に奮闘しますが、米国コーラ市場でシェア1%を超えることが出来ませんでした。
コカ・コーラやペプシコが、小売店の棚をがっちりキープしたからです。

その1年前、同じく米国の清涼飲料市場へ参入した会社がありました。
その会社はオーストリア資本のレッドブル。
違いはまず価格で、エネルギー飲料であることからコカ・コーラの2倍に設定。
また缶は細長くデザインされました。
レッドブルも同じく小売店の棚を独占されていましたが、残されたわずかなスペースに潜り込めるよう意図されたものでした。
2005年には、レッドブルは米国のエネルギー飲料市場で65%のシェアを確保しています。

ところで日本では栄養ドリンクとして、リポビタンDが活躍。
栄養ドリンク市場では約5割のシェアをもち、年間生産は8億本に及びます。
開発者によると、レッドブル開発の際最も影響を受けたのが実はリポビタンDだったそうです。

キャッチコピーは、「レッドブル、(あなたに)翼を授ける(Red Bull gives you wings)」。
翼はリポビタンDからレッドブルへ、レッドブルからあなたへ。


☆Adualが運営するサイト『生命保険アカデミー』はこちら
http://www.adual.co.jp
 
 
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。