ファッションセラピーとSerendipity - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

冨永 のむ子
パーソナルクレド舎 COO クレド作家
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ファッションセラピーとSerendipity

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル
セミナー・イベントについて
昨日はファッションセラピー〜カラー編でした。

インフルエンザで、お子さんが学級閉鎖の方や、
ご本人が体調を崩された方など、お休みの方が多かったので、
参加者お二人というアットホームな雰囲気で、やらせていただきました。


人数が少なかったこともあり、色彩心理をうかがう時などは、
意識的にコーチングを使ってかかわらせていただいたりして、
いつもより内面に向かうかかわり方ができたかなと思い、私にとっても学びの多い時間となりました。

最近思うのですが、ふいのアクシデントや、予期せぬできごとは、
全て意味があるというか、自分にとって必要な学びを教えてくれるなと。

機が熟すというか、しかるべきタイミングってあるなあと。

ライオンキングでいうところの、「時は来たり」ってこと?
(ご存じない方、ごめんなさい・・息子が大好きなもんで。。)

これぞSerendipityということですね。

Serendipityというのは、

「予期せぬ偶然の(良い)できごと」とか、
「思いがけない発見や出会い」といった意味です。

スリランカの昔の呼び名はセイロン島で、
セイロン島の言葉の由来は、このSerendipityからきています。

ヨーロッパ人がインド洋を渡って光り輝くスリランカを見つけた時に、
「Oh Serendipity!」と叫んだところから・・だそうです。

私は、そもそも、スリランカの雑貨屋をやるために、会社を辞めたのですが、
この由来にひかれ、予期せぬ素敵な物を扱うお店、という意味をこめて、
Serendipという名前をつけました、

雑貨屋は挫折しましたが、屋号のSerendipだけ残していたのです。

でも、Serendipという言葉の本当の意味というか、
言葉の持つ力を感じるようになったのは、今の仕事を始めてから。

・・この言葉やスリランカに導かれて今ここにいる、と思っているふしも。

ありがたいとしか言いようがなく、
スリランカ方面に足を向けて寝られませんっ(ほんとか?)

ちなみに、脳科学者の茂木健一郎さんが、あるテレビ番組で

「偶然の幸運をつかむ能力をセレンディピティ(Serendipity)といいます。」とおっしゃいましたが、

このSerendipity=「幸運をつかむ能力」を磨くすべがあるとすれば、
偶然をただの偶然と思わないように心掛けることかもなと思います。

昨日の予期せぬ2名でのセラピーは、ただの偶然ではなく意味のある偶然。

そう思えたこと、そして多くの学びを得られたことに、心から感謝したいと思います。

お寒い中いらしてくださった、Tさん、Iさん、ありがとうございました!

ちなみに、いただいたアンケートやメールなど
一部だけご紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分の知らなかった自分の気持ちを知ることができた」

「長く生きていても知らないことはたくさんあるんだなと思いました」

「自分の中に持っていたイメージなどが確認できた」

・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当にありがとうございました!